香川県高松市に園舎をもたない
“森のようちえん”が誕生しました
子どもを自然の中でのびのび遊ばせたい
そんなお母さんの想いからできた
小さな小さな手作りの青空ようちえんです

 

森のようちえんとは
お山歩隊とは
保育方針
ようちえん組
親子組
あっこはん教室
アクセス
お問い合わせ

 

お山歩隊とは

 

 

「子どもに自然の中でのびのびと遊んでほしい」というお母さんの想いからうまれた、小さな手作り青空ようちえんです。香川ではほとんど聞きなれない自主保育という運営形態です。
 普通の幼稚園と違い,無認可です。自主保育とは,親たちが集まり自分たちの考えで、子どもたちの保育の場を作っていこうとするものです。お山歩隊は親だけではなく,地域のたくさんの方々の協力と豊かな自然環境のおかげで成り立っています。
 お山歩隊は,子ども達みんながもつ,よりよく成長したいという力を信じて見守る保育をしています。「こんな子になってほしい」という大人の想いを押し付けるのではなく,その子自身がどのように成長しようとしているのかを,じっくり待ってよく見てみようという想いで活動しています。大人が待っていると,子ども自身がそれぞれの答えを出します。いい事もわるい事もおもしろい事も彼ら自身が出した答え。自分で感じて考えた事こそが,子ども自身を大きくしていくのです。大人はただその答えを一緒に考えたり,共感したりするだけです。そんな子どもの時間の主役は子どもで,脇役は大人や自然。たっぷりとした時間と,仲間と,遊ぶ場所と,子どもの時間を保障してくれる大人がいたら,あとは子ども自身で育っていくのではないかと考えています。そして親は保育に関わることで,そんな子どもの時間をのぞくことができるのです。子ども同士の会話,大人と子供の会話,子どものやっていること,本当に見ているとおもしろく豊かな世界なのです。そのおもしろい世界を共感できる仲間がいる。仲間がいることで毎日の子育てに充実感や自信を持つことができます。新しい発見があります。子どもってすごい!親であることってすごい!ときっと実感ができます。この経験は財産となり,この先の子育てを助けてくれると思うのです。
 子ども達には豊かな自然環境の中で,仲間と共に,信頼し合った大人に温かく見守られて,子どもの時間をたっぷりと過ごしてほしいと想っています。